目黒のおじいちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS タンポポ(蒲公英)

<<   作成日時 : 2017/03/30 06:30   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

     今季初めて  タンポポ  キク科タンポポ属
 花下の総苞に注目すると外片と内片の比率はやや違和感が。    
 関東タンポポかと思いますが、私的には視認能力欠落で?
      長男が撮った画像。

画像


画像

 
画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、一般に言われるカントウタンポポの総苞内片と外片の比率からすると違和感がありますね。このタンポポは一見、在来種のカントウタンポポの様に見えますが総苞外片に角状突起が見られないことなども含めて考えると近年、全国的に増えてきているタイプ(主に外来種と在来種のハイブリッド種)でニセカントウタンポポなどの仮称もある在来総苞型外来種と呼ばれるものなのでしょう。西日本で行われたタンポポ調査では千葉や東京で普通に確認されています。ここの皆さんも近くを探されてみると結構、見つかると思いますよ〜♪ 現在では花粉や遺伝子を調べないと総苞外片の反り返りや全体の姿での在来、外来の識別は困難となっています・・・ё
カエル爺さん
2017/03/30 08:00
関東タンポポらしき花が咲きましたか、当地ではまだセイヨウタンポポばかりです。東海タンポポ、関西タンポポと称する物があるそうですが見分けられません。
寿々木
2017/03/30 08:15
総苞外片が反り返っていないですが、総苞外片にくらべて内片が短いので、交雑種でしょうね。
長さん
2017/03/30 09:30
カエル爺さん、ご丁寧な分析、有難うございます。納得です。
目黒のおじいちゃん
2017/03/30 10:19
寿々木さん、交雑種だそうです。
目黒のおじいちゃん
2017/03/30 10:21
長さん、やはりそのようですね。外来種のサバイバル、逞しいものです。
目黒のおじいちゃん
2017/03/30 10:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
タンポポ(蒲公英) 目黒のおじいちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる