目黒のおじいちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS オオバギボウシ

<<   作成日時 : 2017/06/23 08:22   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)   ユリ科
葉も花も大柄です。
         自生地   北海道〜九州
         開花期   6〜8月

我が家では一度も食べたことはありませんが、ウルイと呼び山菜として古くから食べられて来た草。
幼い苗は有毒植物のバイケイソウと酷似しているので注意が必要だそうです。
地域により栽培も行われるという。
富士山麓の梨ガ原草原では無数に自生しております。 
訪れたときは未開花でまだ蕾でした


画像


画像





こちらは我が家で開花したアガパンサスの花です。
         原産地   南アフリカ
         開花期   6月


                  

画像



画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アガパンサスの白花ですね。毎日のウォーキングで探しているのですが、見つかりません。
長さん
2017/06/23 13:39
過日、国立の農家の食卓?という
山菜中心のお店で「うるい」を頂いてから
すっかり好物になりました。
ほんとに美味しかったです。
やたらよそさまのを頂いてくるわけにいきません。
玉川上水べりにいっぱいあるのですよ!
白花アガパンサス、かわいらしいですね。
nobara
2017/06/23 14:34
長さん、たくさん花をつけるの嬉しいものですね。近所で出逢えますように。
目黒のおじいちゃん
2017/06/23 14:54
白花のアガバンサスをお持ちですか、珍しいです。富士山麓でオオバギボウシが自生しているのですが、これから花穂が伸びる様子がわかります。
寿々木
2017/06/23 15:26
nobaraさん、お店の名前?もしかしてリピーターではありませんか。それともテレビ番組でもみたのかな。
葉が展開してからでも地中の茎の白い部分を食用にするという話もどこかでききました。
お好みに合ってよかったです。
目黒のおじいちゃん
2017/06/23 16:02
寿々木さん、大草原に大群生していませが、近年開発と乱獲で豊かな自然が失われています。世界遺産になっても植林や業者による乱獲が放置され、悲しい現実があります。昔日のユウスゲなど幻と消えましたよ。
目黒のおじいちゃん
2017/06/23 16:11
 オオバギボウシは新芽はウルイと呼ばれて山菜として良いですね。見慣れるとコバイケイソウとは雰囲気が全然違うので、どうしてこんなものを見誤るか、と思うのですが慣れないとわからないのかもしれません。

 国営昭和記念公園ではこの仲間の花がもうずいぶん咲いていました。武蔵丘陵森林公園でも自生がありますが、これはヤマユリと同じころの花です。

 清楚な白いアガパンサスは涼しげで良いですね。
なおさん
2017/06/24 05:47
なおさん、一般論ですが推察ですが混生している場合もあるかもしてません。若葉が展開したら抱き具合とかで判りますか毎年報道されていますね。
韮と水仙を間違えて中毒する例も起きていますね。
目黒のおじいちゃん
2017/06/24 09:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオバギボウシ 目黒のおじいちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる