目黒のおじいちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡の花旅・bQ オオミスミソウ

<<   作成日時 : 2018/04/22 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 16

今回は佐渡の山中に自生するオオミスミソウを掲載します。
本種は本州新潟など日本海側に自生し、花はミスミソウの変種でより大きい。
花弁に見えるは顎片で6弁が標準のようです。
葉の先が三角に尖っているので三角と名がついたとか。
仲間で葉先が丸いスハマソウは太平洋側に自生するみたい。
開花期は2〜5月とされ、ながく咲いて楽しませてくれるようです。

オオミスミソウ大三角草    キンポウゲ科ミスミソウ属    虫媒花
         準絶滅危惧NT

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

10
画像

11
画像

12
画像

13
画像

14
画像

オウレン黄蓮    キンポウゲ科オウレン属    虫媒花
画像

画像

佐渡のスズメ雀
画像

コブシ辛夷     モクレン科モクレン属    虫媒花
画像
   
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
雪割草が咲いていましたね。
手元の資料には4月中旬までとしてあるのですが、行かれたのは中旬でしたものね。
長さん
2018/04/22 22:27
 自然の山の中で見るオオミスミソウは良いですね。それぞれ可憐で美しいです。
 オウレンやコブシもこちらより遅く咲いてまた楽しめましたね。
なおさん
2018/04/23 05:42
ミスミソウきれいですね。熊本県に三角半島がございます、天草の島々へ渡る入口です綺麗な橋が架かっているのですが、潮の干満の差が5mあって、珍しいことに黒鯛と真鯛が橋の下でつれるんです。
寿々木
2018/04/23 08:54
自然の山の中で見るオオミスミソウ・・
すっかり堪能させて頂きました。
お写真も綺麗に撮れていますね。
自然の中で咲く辛夷もいいですね〜〜〜
佐渡の雀もこちらの雀も変わらない??
nobara
2018/04/23 09:58
 オオミスミソウが素敵!
ことに5番が好きです、可愛いですね。
オウレンの花よく見るときれいな花びら
なのですね。そして街中で見るコブシと
違って、佐渡の自然の中で見るコブシは
「北国の春」の世界ですね。(^^♪
ミキ
2018/04/23 23:43
長さん、中旬に訪れましたが、本格的に観光客が渡るのはこれからのようです。山の花目当てのライナーは28日から運航開始みたいでこれからがベストと思われます。因みに週末にも関わらず高速船は往復便ともガラガラでした。
目黒のおじいちゃん
2018/04/24 06:20
なおさん、植えられた花を見るより天然自生の花を見に行こうと誘ってくれたのは長男。有難いことです。山を歩いて自分の眼で花を見て植物の生き様カメラで撮る。
貴重な自然遺産を残し後世に引き継がれるよう願いたい
そんな思いを強く感じた旅でした。
目黒のおじいちゃん
2018/04/24 06:34
寿々木さん、結婚式で行ったことがあります、熊本市から雲仙側を見ながら美しい橋を幾つか渡りましたね。
新郎のお父様が舟を出しますよと誘ってくれましたが
今にして思えば惜しいチャンスを逸しましたものです
目黒のおじいちゃん
2018/04/24 06:45
nobaraさん、渓谷で分けた山道沿いは日照や通風がよく湿気が適当にあり。水捌けもよいので野草の好む環境のようですね。乾燥気味の尾根道とは植生も違い楽しみが一杯待っていました。花の百名山と称えられるアクセス道は随所で山砂利の採取が行われており、自然を保護する行政が採取を許可する環境破壊のスタンスに問題が感じられところです。田中澄江はどうみるでしょうね。
目黒のおじいちゃん
2018/04/24 07:56
ミキさん、5番はほっこり優しい表情をみせてくれますね。13番は芸があります。それぞれ個性のある花たち
が山を飾っていました。
草津白根、湯釜の様子が心配ですね。
目黒のおじいちゃん
2018/04/24 08:03
自然の中で咲くオオスミスソウは素晴らしいですね。
佐渡は、「鼓動」や「鬼太鼓」の和太鼓の出身地位しか、思っていませんでしたが、やはり島ならではの貴重な自然が残されているんですね。
mori-sanpo
2018/04/24 09:48
山に咲くオオスミソウ いつまでも見詰めていたい花です。花色に変化があり楽しめますね。

オウレン 群れて咲きだしています。
shuuter
2018/04/24 19:13
mori−sanpoさん、佐渡は野草の天国で、花の百名山に選ばれた一つ、海で隔離されたことが自然遺産を守れたことの理由に挙げられるのかなと思われます。
植物園や園芸店で見るのと悠久の自然の野山で咲く花と見る価値観は違うのが実感できました。
目黒のおじいちゃん
2018/04/25 04:59
shuuterさん、コメント有難うございます。天然自然の花を自然遺産と考えると出逢える一瞬が嬉しいですね。
何万年の累々と継続された営みがそこに在って、美しく輝く命、愛おしく思い大切に残したいと願うものです。
目黒のおじいちゃん
2018/04/25 05:09
佐渡にはオオミスミソウが自生しているんですか。
素敵な花を楽しませてもらいました。
コスモス
2018/04/25 08:49
コスモスさん、こんにちは。佐渡は花の百名山の一つが有名で、オオミスミソウやユキワリイチゲなどは随所でみられました。新潟県内の有名園と違い人為的に植えたものでないのが素晴らしいです。
目黒のおじいちゃん
2018/04/25 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐渡の花旅・bQ オオミスミソウ 目黒のおじいちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる