目黒のおじいちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 立春の自然教育園そのBアサギマダラ幼虫

<<   作成日時 : 2019/02/12 06:21   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 14

立春が過ぎ、一気に気温が乱高下
2回も15度cを超える日がありました。
温かいのは有難いことですが
高齢者は体調の順応が容易ではないようです。
このヒートショック現象に
ソメイヨシノの蕾は高低差をどう感じたでしょうか?
雪がちらついた曇天から一転、
今朝は青空です
画像



ユキワリイチゲ
  キンポウゲ科イチリンソウ属
  虫媒花
 前回訪問時から少しは咲き進んで 
 いました、まだまだ余寒期、
 気温の上昇で群生地にも
 早期に一斉開花が見られるといいですね。
武蔵野植物園にて
画像

画像

画像

画像

画像

画像


ムクロジ 無患子
  ムクロジ科ムクロジ属
  虫媒花
 喬木の梢に硬い果実が残っていました。
 黒い硬い実は羽根突きの羽根の錘につかう。
 路傍植物園にて
画像


サイハイラン  采配蘭
  ラン科サイハイラン属
  武蔵野植物園にて
画像


コウやボウキ 高野箒
  キク科コウヤボウキ属
  山野草の本に屡収録されますが
  草本ではなく木本とされる。
高野山ではその昔、果樹や竹などの
植栽を空海が禁じたという。  
伝承が真実なのかどうか不明ですけど
そんな訳で命名されたとも聞きます。
  誰か宗派に尋ねてほしいものです。
  武蔵野植物園にて
画像


ハンノキ 榛ノ木
  カバノキ科ハンノキ属
  風媒花
  花粉症の原因子だそうです。
  川沿いなど水湿地に自生し杉花粉より早い。
 ミドリシジミチョウが
葉を好むようです。
  水生植物園にて
画像
 
画像

画像


シロヨメナ 白嫁菜
  キク科シオン属
  路傍植物園にて
正門ゲートの近く
見事にドライフラワーになっていました。
画像

画像


キジョラン 鬼女蘭
  ガガイモ科キジョラン属
  武蔵野植物園&森の小道
画像

画像

高尾山奥多摩の山々をフィールドに
活躍されている方のレポをご紹介させて頂きます。
キジョランの葉を食べるアサギマダラの
幼虫を継続観察しておられるようです。
今月は去る4日も確認されたとうかがいました。。
     参照記事
  アサギマダラの幼虫 ↓
ー・花の明峰・アクアマリン☆太郎さん・ー
       
https://99tarou.at.webry.info/201901/article_19.html

オオカマキリの卵鞘
  枯れ茎に
  カマキリ科カマキリ属
  鞘嚢は4pと大きい。
  武蔵野植物園にて
画像

画像

ハラヒロカマキリの卵鞘?
 ヤナギの枝に発見
 大カマキリより小さく3pくらい。
 水生植物園にて
画像

  いずれも地表より50p以上高く
  大雨が降る危険などを
  もしか、予測している
  予見能力があるのでしょうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ハンノキの花穂垂れ下がってますね。色は違うけど泥柳の花穂に似ています。花粉症の当方は恐怖の季節です。
寿々木
2019/02/12 09:36
気温の上がり下がりの差がありすぎですね。土曜と昨日は珍しく千葉で積雪になりました。土曜は3センチほど、昨日は5〜7センチほどでしたが、柔らかい雪だったからか?止んだ後すぐに溶けてなくなりました。今日はお客様用の布団を干したので曇ってきちゃいました。金曜また雨らしく、少しは乾燥も収まるかな? 春、もうじきですね! ハンノキの花が早く見たくなりました。
クーポノ
2019/02/12 12:26
ユキワリイチゲが綺麗に咲いていましたね。4年前の3月に言った時にも咲いていたので、結構花期が長いのですね。
長さん
2019/02/12 12:32
寿々木さん、こんばんは。
明日から花粉情報が公開されるそうですが、
動向が気になりますね。
目黒のおじいちゃん
2019/02/12 19:10
クーポノさん、
千葉は降雪が続いているようですね。
週末も雪の可能性が懸念されています。
今日は当地でも午後曇りになりました。布団干しもまま
なりませんね。
春到来がまたれます。
余寒の日々、ご自愛ください。
目黒のおじいちゃん
2019/02/12 19:40
長さん、こんばんは。
余寒というよりは寒い毎日です。
早春の花達も一服状態でしょうか。
南岸低気圧の通過もあり千葉は降雪が連続のようです。
体調ご自愛ください。
目黒のおじいちゃん
2019/02/12 19:50
こんばんは。
ユキワリイチゲが春を運んできましたね。
高尾山ではハナネコノメの一番花が開花しました。
アクアマリン☆太郎
2019/02/12 20:21
 ほんのり薄紫のユキワリイチゲは良い色ですねえ。此処と小石川植物園と神代植物公園でユキワリイチゲを見たことがありますが、何処も良いですね。久々に会いに出かけたくなります。

 こどもの頃、部屋にカマキリの卵をおいておいたことがありますが、カマキリの子がうじゃうじゃと出てきて、ナンギしたことがありました。
なおさん
2019/02/12 21:18
 早春の陽を浴びたユキワリイチゲの
薄紫がきれいですね。見てみたいです。
カマキリの卵、以前相棒に聞いたことが
あります。机の引き出しにしまい込んで
やっぱりなおさんと同じように大騒ぎに
なったそうです。子供はみんな同じよう
なことをするのですね。(^^♪
ミキ
2019/02/12 22:41
アクアマリン☆太郎さん、
お立ち寄り有難うございます。
今回は格別のご配慮感謝しています。
ハナネコのメが開花しましたか、
小さい可愛い花、堪らなく綺麗です。
アズマイチゲやチャルメラなども待たれますね。
目黒のおじいちゃん
2019/02/13 06:35
なおさん、今晩は。
ユキワリイチゲは雪を割って出たような光景を越後湯沢のゲレンデでマジ見た事があります。感激しました。
お出掛け先で出逢えるといいですね。
カマキリで大騒ぎされましたか。卵は2〜300個も
あるそうで対応のシーンは
私も蚕の孵化で同様の経験があります。
目黒のおじいちゃん
2019/02/13 06:50
ミキさん、こんばんは。
お立ち寄り、有難うございます。早春の花たちは
寒いなか健気に咲いてくれますね。
ネットで全く同じ経験を述懐した記事がありました。
ある日机の引き出しを開けた少年はどんな衝撃を受けたのでしょうか。なおさんも
目黒のおじいちゃん
2019/02/13 07:01
ユキワリイチゲ、やさしい色ですね。
長く咲いているのですね。
カマキリの(卵鞘:らんしょう)は幼虫たちの生存率の低さや、卵鞘を食べる天敵への対処で産む場所が違うんですってね。私もモズの速贄(はやにえ)みたいに積雪量の・・かなと思っていましたが。どうなんでしょう。
諸説、有るとは思いますが。カマキリも種類で卵鞘に違いがみられるんですね@@
アサギマダラ。渡りをしない子もいるんですか?
nobara
2019/02/13 13:26
nobaraさん、お立ち寄り、有難うございます。
カマキリの卵鞘そのものを襲う天敵がいるのですか。
この園ではオオカマキリの場合は草刈りをされて無防備な場所、GL+50p程のHでありました。
ハラヒロの場合は水質地でGL+1m程の柳の梢です。
予測するのは面白いことですね。
アサギマダラの幼虫は5齢脱皮とか教わりました。
高尾山周辺で晩秋に出逢った蝶も越冬組なんでしょうね。
INSでキジョランの食痕を毎年見ていますので希望が出て参りました。
目黒のおじいちゃん
2019/02/13 17:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
立春の自然教育園そのBアサギマダラ幼虫 目黒のおじいちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる