南房里山めぐり  その①

この日は房総半島を縦断するプラン、
養老渓谷・清澄山を巻いて、
外房に至る未踏破林道ルートを経由し
鴨川~勝浦の山里を巡る旅に出ました。
     撮影  2019年3月17日

午前6時発、東京湾アクアラインを利用。
磁場逆転地層発見で有名地となった
養老渓谷チバニアン近くを通過しました。

東大千葉演習林(未公開)あたりは
早朝濃霧に覆われていました。
{%ブ
ロっくまよろしくdeka%}
濃霧
画像


やがて霧が晴れ山中の視界が開けてくると
路傍は夜露がおりていて、やけに寒かった。

タチツボスミレ系
  スミレ科スミレ属
  春の妖精
画像

画像

画像

画像


ヤマルリソウ 山瑠璃草
  ムラサキ科ルリソウ属
都内の公園で咲く花と違い、
冴えた花色が美しい
画像

画像

画像

画像

画像


ユリワサビ 百合山葵
  アブラナ科ワサビ属
画像

画像

画像


ツルカノコソウ 蔓鹿子草
  スイカズラ科カノコソウ属
  東京で絶滅危惧Ⅱ類(VU)
今回花探索の目玉になりました
画像

画像


タニギキョウ 谷桔梗
  キキョウ科ミゾカクシ属
珍しい花に出逢えました。
画像


ミミガタテンナンショウ 耳型天南星
  サトイモ科テンナンショウ属
画像

画像


オニシバリ 鬼縛
  ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属  
  仲間にナニワズがあり、
  よく似ています。
  オニシバリは薄い黄緑、
  ナニワズは濃い黄花
  共に有毒
画像


シキミ 樒
  シキミ科シキミ属
  有毒
画像


サンシュユ 山茱萸
  ミズキ科ミズキ属
  別名  ヤマグミ  ハルコガネバナ
画像

画像

画像


ヤマウグイスカグラ
  スイカズラ科スイカズラ属
画像

画像


モミジイチゴ 紅葉苺
  バラ科キイチゴ属
画像
  
画像

画像


山に分け入ると深山幽谷の趣があって
静寂の中にウグイスの声が時に賑やかに響く。
獣道のぬかるみには無数の足跡が残る。
多分猪や鹿,狸。野兎などが?

画像

画像


次回は山から一旦勝浦の海岸まで下り
鴨川の海岸でUターンし、戻りながら
田園地帯を巡ってみます。


この記事へのコメント

2019年03月20日 08:48
お元気でお出かけのようで何よりです。亜高山帯で出合う花も出てきて素晴らしいです。ウグイスの鳴き声は林の中で響き渡りますから、気分がよくなりますね。
2019年03月20日 09:55
良い時期にお出かけになりましたね。珍しい植物に出会えたなんて、最高ですね。
ヤマルリソウ、自然教育園でも咲いていますが、こんなに青くなく、白っぽい花色だったように記憶しています。
2019年03月21日 06:07
 房総の山はそう高いものはないですが、谷が入り組んだり山懐が広い、という感じで、低山と言えどもアナドレませんね。
 2枚目のタチツボスミレは左の花がギザギザになっているのが珍しいですよねえ。初めて見ました。ヤマルリソウも爽やかな青が良い色ですね。可愛らしいです。
 ツルカノコソウやらタニギキョウなどなかなか見られない花をご覧になれたというのは、収穫ですね。
2019年03月21日 07:51
寿々木さん、お立ち寄り、有難うございます。
房総半島は高い山はありませんが、温暖の地で花の里という感じで楽しいツーリングでした。
出逢ったスミレはオオタチツボで変り花も
2019年03月21日 08:02
長さん、お立ち寄り、有難うございます。
INSのルリソウは花色が冴えませんね。
山では素晴らしい顔を見せてくれました。
帰路は渋滞がひどいですね。行楽日和とはいえ千枚田を出てから昼食休憩込で7時間かかりました。
2019年03月21日 15:57
なおさん、お立ち寄り、有難うございます。
立禁の東大演習林の外を通過しました。
お蔭様で珍しい出逢いがありました。
スミレの変異花、偶然の発見です。
2019年03月21日 23:57
 遠出した甲斐がありましたね。
なかなか見られない花、タニギキョウ
一度会いたい花です。タチツボスミレ?
花びらにギザギザがあって面白いですね。
ユリワサビも素敵です。それにしても
房総は暖かいのですね、モミジイチゴの
花が満開でびっくりです。(^^♪
クーポノ
2019年03月23日 21:22
またまた千葉にいらしたのですね!ヤマルリソウとユリワサビの花、とってもかわいくて気に入りました。次の記事も楽しみに読ませていただきますね~♪

この記事へのトラックバック