見沼の野草 その② 花いろいろ 

御蔵地区
見沼の農家.
五月はクマガイソウが見られるそうです。

高齢のご夫婦とお会いしました。
広い庭先に群生していた花々。
自由奔放に咲いていました
訪問させていただく側は有難いけれど
お宅まわりは普段のお手入れは
さぞ大変かと思われました。

ムラサキハナナ 紫花菜    アブラナ科
画像

画像

画像

 お客さんが来ていました。
  アゲハチョウ
  吸密中 
画像

画像


ハナニラ 花韮     ネギ科
画像

画像


ムスカリ     ツルボ亜科

画像
   
画像


ヤマブキ 山吹      バラ科
画像


レンギョウ 連翹    モクセイ科    
画像


トキワマンサク 常盤萬作     マンサク科
画像


庭木
画像


見沼インターチェンジの開通で
農村が近くなりました。

昔々、NHK・Eテレのドキュメンタリー受賞番組で
主役の白鷺の舞台となった見沼の美しい自然を
懐かしくも思いだしました。


この記事へのコメント

2019年04月13日 21:20
 映画の「翔んで埼玉」ではなんにもないけど良いところ、などと描かれていた埼玉ですが、田舎は田舎ならではの良さがあり、いろいろな野の花が見られるのが嬉しいですね。浦和・大宮にほど近いところでも、まだまだ田舎があるのが嬉しいもので、「埼玉愛」を感じますねえ。
2019年04月13日 22:46
農家だと広い庭があって良いですね。我が町内でも1坪くらいにムラサキハナナを咲かせているお宅がありますよ。
2019年04月14日 06:11
なおさん、おはようございます。
田舎風景は過去の生活を含めて自然遺産ですね。
農耕民族の血が流れているからでしょうか、安らげます。
休耕田が増えているのは残念です、楽しんできました。
2019年04月14日 06:17
長さん、おはようございます。
生え放題咲き放題の庭もいいものですね。自然のままが生活圏の中では心休まる場になっていました。

この記事へのトラックバック