栃木の里山再訪 その②  ミツマタ群生地

栃木県茂木町所有の里山・焼森山、
先の大戦中に製紙原料不足を補うためにと
山中にミツマタを植栽し、戦後栽培を放棄したらしい。

そんな歴史が過去にあったようです。
平成17年に群生が発見され、今や町の観光資源。
ミツマタの群生地として大人気となって
開花期のこの日、町がシャトルバスを運行し
観光客を無料送迎していました。

マイカーの駐車場は平日も朝から満車で
土日は周辺がかなり渋滞するそうです。
群生地までは「シャトルバス以外通行止め」で
一般の駐車場からは
登山道を結構歩きました。


ミツマタ 
  杉木立の薄暗い林床にあって
  見渡す限り黄色のミツマタの花が、
  緩斜面に幻想的な雰囲気を
  醸し出していました
  陽光が当たれば黄色の花塊が
  一斉に輝きだすことでしょう。
div align="center"画像

画像

画像

画像
 
画像

画像


画像

画像

現地の案内所でとても親切な応対をうけました。
高齢者にとって
不慣れな山での案内は
格別有難いことです


付近の鶏足山などて出逢った山野草
ナガハシスミレ 長嘴菫    スミレ科
オオタチツボスミレやテリハタチツボスミレなど
他のスミレの仲間より著しく距が長いのが
この子の一番の特徴のようです。
画像

画像

画像
 

ニッコウネコノメソウ 日光猫ノ目草 ユキノシタ科
ミヤマネコノメソウ《別名イワボタン》の変種だそうです。
沢筋で見つけました、
2~3輪とかの花が集まって一輪に見えます。
この子も微細で可憐、
チャーミングですね。
画像

画像

画像


ユリワサビ 百合山葵    アブラナ科
画像

画像


エイザンスミレ叡山菫    スミレ科
比叡山で発見されたことから
命名されたそうです。
葉の裂片が広いことや
花弁が波打って見えるのが
識別のポイントとか聞いています。
画像