北海道・最北地の花旅 その㉑ 利尻島①

利尻島に🚢ハートランドフェリーで渡りました。 着岸は沓形港。 所要乗船時間は約40分で順調でした。 仙法志岬 シロヨモギ 白蓬      キク科 カモメ   嘴や足が黄色 ウミネコ  喙先や尾先が黒いろ簡単な   簡単な見分け方を…

続きを読む

北海道・最北地の花旅 その⑬  礼文島を彩る花(4)ウスユキソウなど

礼文島の花、60種以上に出逢いがありました。 その中から何種かご紹介します。 レブンウスユキソウ 礼文薄雪草      キク科    礼文島を代表する花の一つです。探していましたが、やっと見つけました。咲き始めたばかりのようです。 草原や礫地を好み、この島特産ながら 大雪山系でも見られるそうです。 …

続きを読む

北海道・最北地の花旅 その⑪  礼文島を彩る花(2)ラン科

礼文島を彩る花、今回は野生ランです。 在来種が一日に何種も見つかるとはおどろきました ハクサンチドリ  白山千鳥    ラン科 石川県白山に因んだ和蘭で千鳥に見立てた華麗な花です。 サイハイラン  采配蘭   ラン科 戦場で合戦の指揮をとる武将が振る…

続きを読む

北海道・最北地の花旅 その⑩  礼文島を彩る花 (1)シオガマなど

花の浮島、礼文島にやってまいりました。 最北の未知の自然に期待がふくらみます。    ※お知らせ      現在コメント入力欄が非表示になっており      ご迷惑をおかけしておりましたが、      試しにブログデザインを変更してみたところ      表示されるようになりました。      よろしくお願いします。 ピンクの花が歓迎してくれました。 {%ブロっく…

続きを読む

北海道・最北地の花旅 その⑨  礼文島へ

旅の二日目 礼文地王に渡るフェリー第一便は6時30分出港です。 船はターミナルの桟橋でスタンバイしていました。 出航した船のデッキから防波堤ドームを臨む。 🚢ハートランドフェリー 一等船室 href="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/019/030/25/N000/000/000/156230461088160…

続きを読む

北海道・最北地の花旅 その⑧  稚内

車窓左側は日本海。 信号など皆無の、どこまでもまっすぐな道が続いています。 オロロンラインを快調に走ります。 初日の宿泊地・稚内近くまで戻ってきました。 マツヨイセンノウ 待宵仙翁     ナデシコ科    別名   ヒロハマンテマ     …

続きを読む

北海道・再北地の花旅 その⑥  日本海オロロンラインの絶景

稚内空港到着が12時半だったので サロベツ原生花園はやむを得ず ショートステイとなりました。 サロベツ海岸から北上、稚内を目指します。 日本海側の海岸に向かい、 天塩~稚内106号線・日本海オロロンラインを走行しました。 延長68キロメートル 延々と続く美観の花街道は 北海道随一の観光道路と 讃えられて…

続きを読む

北海道・最北地の花旅 その② サロベツ原生花園へ

サロベツ原生花園 稚内空港から直行すると車で約70分 天塩郡豊富町所在 ラムサール条約に登録、指定された 日本最大スケールの高層湿原です、 宗谷岬からは休憩なしで1時間かかりました。     公式ホームページ     sarobetsu.or.jp/ サロベツ原生花園ビジターセンター …

続きを読む

北海道・最北地の花旅  その① 宗谷岬

北海道の北端、宗谷地方を巡り 最果ての野山に咲き乱れる花を見てきました。 念願の地、家人のBIG優しい計らいで実現。                   2019年6月21日 出発 今回は搭乗飛行機の時刻に合わせて ゆっくりスタートになりました。 羽田空港第二ターミナル到着 搭乗機 =稚内への…

続きを読む

自然教育園 六月下旬の花その③

雨上がりの蒸し暑い日、6月最後の訪問です。 先週土曜日に白金をぶらタモリの番組放映が。 当日夜は礼文島にいましたので 残念ながら見逃しになってしまいました 自然教育園本館でこの日 撮影時の様子などが話題になりました 7月中旬頃(火曜日)にNHKで 再…

続きを読む

散歩道の花  六月下旬その③

東京は今日も良い天気でした。 一週間見ない間に咲き終わった花もあり、 変化にいささか驚いております。 ムクゲ 槿     アオイ科     シモツケ 下野    バラ科 ツクバネウツギ 衝羽根空木   別名   …

続きを読む

散歩道の花 6月下旬その②

梅雨の時期、散歩道に初夏の花が見られます。 杖を持つ身なので外出では助かります 梅雨前線が本州南岸に張り付いてない。 関東から遠く離れているようです。 これまでのところは晴れの日もあり 雨の日が少なく、従って都心は降雨量も僅か。 例年の憂欝なジメジメ感も免れています。 今後の東京の天気はどうなるでしょうか? …

続きを読む

自然教育園の花  6月下旬その②

自然教育園の花、続編です。 白金の杜は日陰が爽やかで、気持ち良かったです。 しかし日照のある場所は暑くて汗ばむ陽気で やはり盛夏到来が早いのかと実感。 ノカンゾウ 野甘草      ユリ科 水性植物園 クサフジ 草藤     …

続きを読む

自然教育園の花  その①

芝白金の自然教育園を訪問しました。 夜来の雨も上がり快晴の天気です。 気温31度で日差しは眩しい 遊歩道は水溜まりが残っています。 しばらくの間に緑影が濃くなっていました。 花から花へ渡るが目立った。            撮影   2019年6月16日 晴…

続きを読む

散歩道の花 6月下旬その①

入梅の候 ご機嫌いかがですか。 久しぶりの晴、定点観測の空です。 キカラスウリ 黄烏瓜      ウリ科     薬用   レース模様が綺麗です。   宵に咲いて朝には萎む一日花  以前は日没後撮影によく出かけました。  足元が危ないので今は外出出来ません。  なおさんからのお知らせでは、、午…

続きを読む

千葉の里山の花

千葉の谷戸まわりを散策してみました。 咲いていた季節の花いろいろ。 千葉は標高の高い山が少ないように思います。 裏返せば、これ全く個人的な思い込みですけど 逆に低い山が多いので、 あちらこちら地球の皺といいますか、 里山に沿って谷戸(谷津)が多くあるようです。 チョイ寄りで季節感を味わってきました。 ホタルブクロ 蛍袋 …

続きを読む

クサナギオゴケ

普段聞きなれない野草の花名ですが カモメヅルの仲間だそうです。 千葉県の親類の家の近くに自生しているとの情報が入ったので 里山に出かけてきました。 白い花はドクダミです。 クサナギオゴケ 草薙尾苔    ガガイモ科    蔓性    面白い名前    自生地  千葉 静岡 愛知 岐阜 和歌山 兵庫 徳島 高知…

続きを読む

茨城海浜の花

茨城の海通りを那珂湊から大洗まで走りました。 沿道の季節の花です。 当地と北海道を結ぶ大型フェリー ハマナス 浜茄子     バラ科   ハマナシ 浜梨   赤 ピンク 白 黄色の彩りが嬉しい。、 シモツケ 下野    バラ…

続きを読む

蒲田のジャカランダ

入梅の候に開花した花姿。 植えた主は転居したようですが 美しい花を今年も環八通りで 楽しませてくれました ジャカランダ    ノウゼンカズラ科

続きを読む

ひたち海浜公園の花 その④ 砂丘エリア  

ひたち海浜公園の花 その④  砂丘エリア ハナハタザオ 花旗竿    アブラナ科   絶滅危惧 ⅠA類(CR) この花について オオウメガサソウにてくらべて希少種にも かかわらず ほとんど注目されないようです。 園入口の受付で聞いても 管理事務所に電話で聞いても どこに何本あるのかもわからないと 言われました。 …

続きを読む

ひたち海浜公園の花その③ 散策コースの花

散策コースで 見かけた花たちです。 ヤマモモ 山桃     ヤマモモ科 果実は美味しい  シロップ漬けに オオバノトンボソウ 大葉蜻蛉草   ラン科   未開花    ナツハゼ 夏爆     ツツジ科   食用 ブルーベリーの仲間で、より酸味が…

続きを読む

ひたち海浜公園の花 その② ウメガサソウ・イチヤクソウ

ひたち海浜公園のゲートに、ご存知ムラサキ科 ネモフィラの大看板が掲示されています。 今回、大空間の翼ゲートから入園しました。 巨大な中央駐車場から先ず見えたのはツバサの威容 両翼の下、センターにチケット売り場がありました。 オオウメガサソウに続いて ウメガサソウ・イチヤクソウを紹介します。 以上2002 {%音…

続きを読む

ひたち海浜公園の花 その① オオウメガサソウ特別公開

国立ひたち海浜公園において 6月8日(土)から18日(火)の期間、 自生地が 特別公開されています。    参加費無料 普段立ち入ることのできないエリアを ガイド付きで観察できる良い機会。 早速9日(日曜日)に参加してきました。 オオウメガサソウ 大梅笠草   準絶滅危惧(NT)  ツツジの科 (旧イチヤクソウ科))…

続きを読む

初夏の栃木その⑥  磯川緑地の花

上三川の磯川緑地は磯川沿いに 全長1,5キロメートルもありました。 木道では地域の人々散歩する方などと行き交いました。 夜間にはホタル観賞ができるそうです。 私事ですが突然脳出血で倒れてから まもまく4年になります。 右半身の麻痺や視力障害などとの対応について ちょっとだけ触れておきたいと思います。 当時足が重く歩くのもやっとでした。 足裏は草履を履いたような感覚。 体調…

続きを読む