栃木の里山再訪 その⑤  野草いろいろ

栃木の早い春、里山巡りも最終です。
都会では珍しい花も、ここでは
極く普通に自生していました。
生活圏の路傍でも畑の土手でも
貴重な在来種が豊かな環境で
蔓延っているので驚きました


アズマイチゲ 東一華    キンポウゲ科
    春の妖精
画像

画像

画像

画像


ヤマエンゴサク 山延胡索     ケシ科
     春の妖精
画像
  
画像

画像

画像


フクジュソウ 福寿草    キンポウゲ科
    春の妖精
画像


フキノトウ 蕗の薹    キク科
  季節の山菜
画像


スミレ 菫     スミレ科
    春の妖精
画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像



カキドオシ 垣通     オドリコソウ科
画像

画像

画像


ホトケノザ 仏座    オドリコソウ科
関東平野は花盛りでした。
この草を植えた畑では
他の雑草が生えないようで
もしかしたら
昔のレンゲの代用なのか
と、ふと思いました。
画像



東京ターミナル帰着
画像


栃木の里山巡りの花旅、今回で終わります。
地元の皆様にはお世話になりました




この記事へのコメント

2019年04月10日 17:10
こんにちは!
都会ではめずらしい野草も里山では普通に咲いている環境が羨ましいです。このような自然がいつまでも壊されることなく続いてほしいものです。
ホトケノザの絨毯には驚きました。
2019年04月10日 20:32
アズマイチゲが群生して風でゆらゆら!
いい光景ですよね!
行った甲斐がありましたね。
2019年04月10日 20:45
ecoさん、こんばんは。
最近は努めて自生地に連れて行ってくれます。
公園とは違う大切な環境、社会も次代に引き継げるスタンスが求められていますね。
2019年04月10日 20:54
イッシーさん、こんばんは。
今日など関東甲信越の山地では降雪のようですね。
よい時候下で行けたことに感謝です。
いつまでも豊かな自然資産が残ると嬉しいですね。
2019年04月11日 05:08
 昨日は冷え込んで関東北部の山の方では雪になったところもあったようですね。
 アズマイチゲやヤマエンゴサクが群れ咲くさまは素晴らしいですねえ。
 コスミレの群生やカキドオシ、ホトケノザなど里山の花も沢山で、巡り歩くのが楽しいですね。
2019年04月11日 06:02
なおさん、いつも暖かいコメントを寄せていただきまして
有り難うございます。
家人の支援で自生地巡りを満喫しています。
このところ真冬並みに寒くなりました。ご自愛ください。
2019年04月11日 10:38
天気が良い日に訪れて良かったですね。昨日みたいな天気だったら雪ですものね。我が家も寒くて暖房を入れたくらいですから。
2019年04月11日 17:53
アズマイチゲ、ヤマエンゴサク、各種スミレ、
素晴らしいですね~~~
ホトケノザも遠目にシバザクラ?かと
思うほどに群生していますよね~
それはそれでいいかも知れませんね。
よく連れだしてくださいますね~
そういうサポートがないと
なかなか腰があがりませんもんね~
お元気で嬉しくなりました

この記事へのトラックバック